紀南抄9月16日付

2018-9-15

 取材で各地を転々としていると、外国人観光客がそこかしこにいるのを見かける。年々その数が増している印象で、当地域の外国からの注目度の高さがうかがえる。
 那智勝浦町ではそれが顕著だ。世界的旅行ガイドブック「ロンリープラネット」で紀伊半島が「訪れるべき世界の地域」の第5位に選ばれた。同誌の職員や記者らが評価し、最も旬な旅行先を紹介するもので、国、地域、都市の3部門でそれぞれ上位10か所を選んでいる。雑誌の紹介記事の写真として青岸渡寺三重塔と那智の滝が使われており、手にした人が最初に目にする機会が生まれている。この勢いを生かし、同町はさらなる外国人観光客の誘致策に取り組んでいく姿勢を示している。
 日本と外国の文化は異なる。向こうでは当たり前であることが、日本では失礼な行為にあたり、トラブルが起こるという事例も珍しくない。先日、「インスタ映え」する写真を撮影しようと、外国人が立入禁止の花畑に侵入して花を踏み荒らしたというニュースがあったように、町中の案内板などの多言語化整備は必須になってくる。

【も】

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る