紀南抄8月5日付

2018-8-4

 児童らにとって待ちに待った夏休み。だが、異常な暑さが続いている。気象庁の発表によると7日ごろからの約1週間は「かなりの高温」となる可能性が30パーセント以上だという。同庁は毎週月曜日と木曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象とした「異常天候早期警戒情報」を発表している。この情報を活用した熱中症対策も紹介されているので、活用することを勧めたい。
 紀宝町の児童向けの取り組みが熱い。町教育委員会が派遣する講師が児童一人一人に応じた個別支援を行う「サマースクール」。児童は宿題に果敢にチャレンジ。苦手な科目や難しい課題に向き合っている。
 子どもに安全な居場所と保護者が安心して預けられる環境の提供を行っている「放課後児童クラブきほっこ」。社協職員やボランティアメンバーがサポートしながら、流しそうめんや小物づくりなどの工作、さまざまな行事で児童を楽しませている。紀南地域をジリジリと照りつける8月の暑さに負けない、熱い心でサポートし児童たちを手厚く見守っている。

【茂】

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る