紀南抄6月28日付

2018-6-27

 太古の昔にこの地球上で君臨していた巨大恐竜は環境変化に対応できず、あえなく絶滅した。そんな時代の終わりに出てきた小動物。恐竜に対抗しようなどと大それた意志を持たず、移動空間を狭くし小さな地域で生きることを選択した結果、現代まで生き延びている。
 アメリカの西海岸で流行しているコーヒーがある。サードウェーブ(第3の波)コーヒーと呼ばれるもので、自前で厳選した高品質な豆を、店舗で自家焙煎し、一杯づつハンドドリップするコーヒーのことを指す。その手間暇ゆえに大量生産せず、淹れ方や道具にもこだわるローカライズ(地域化)で波に乗って広がった。
 紀宝町社会福祉協議会が実施する「ふれあい・いきいきサロン」が18年目を迎えている。「私の問題」「あなたの問題」から、「私たちが住む地域社会の課題」として地域づくりを続けている。
 長きにわたって継続している理由は何かと考える。答えは徹底したローカライズにしたこと。サードウェーブコミュニティーだ。この地が世界の最先端であることを誇りに思う。

【茂】

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る