紀南抄6月19日付

2018-6-18

 最近よくコンビニのコーヒーを買って飲む。どこのコンビニもSサイズ100円から購入でき、味も香りも100円とは思えないほど本格的だ。初めて試したのは昨年だが、予想以上のおいしさと、手軽に購入できる利点から今では週4回くらいのペースで買っている。
 レジに並んでいると、結構な割合でコーヒーを注文する人がいると感じる。コンビニコーヒーは2013年頃から急速に人気が拡大。職場で飲む人や、車で立ち寄って車内で飲む人が多いそう。缶コーヒーやカフェの需要が減少することも予想されたが、実際には国内のコーヒー市場全体が伸びたことで、今のところ大きな影響はないようだ。確かに、私もカフェに行くのは友人と会うとき、読書や考え事など落ち着いて過ごしたいときと、コーヒーよりもむしろ居場所を求めて利用することが多い気がする。
 日本人のコーヒー消費量は平均一日1杯くらいだそうで、最も多いルクセンブルクでは一日平均8杯も飲んでいるという。さすがにそれは飲み過ぎだが、日本でもしばらくは市場の拡大が続きそうだ。

【T】

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る