紀南抄2月7日付

2019-2-6

 新宮市議会の臨時会が4日と5日に開かれた。関心が高い文化複合施設建設の予算審議が行われたため、議場の傍聴席は満席となり、特設した別室にも大勢訪れるなど、注目を集めた。この2日間で結論には至らず、15日に延会となった。
 これだけの市民が注目するなか、議員も市当局幹部も緊張感をもって議論を重ねたはずだが、一部議員の言葉遣いや当局の答弁のあいまいさに呆れる声も聞かれた。一方で、これまで市政への関心がほとんどなかったが、議論を聞いていると物事が決まるまでの中身が分かりよかったという声も。さらに、今回の案件をきっかけに、市民が市政のいろいろなことに関心を持てばもっと住みやすい新宮市が実現できるのではないかと期待を寄せる声もあった。
 インターネットによるライブ中継の延べ再生回数を見ても、4日3480人、5日2707人と多かった。その日のうちに録画中継が見られるシステムならもっと数字は伸びるだろう。
 市民の関心が低い高いに関係なく、当局、議会ともに市民のための市政を目指してもらわなければ困るが。

【F】

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る