紀南抄2月16日付

2017-2-15

 ホウレンソウを食べると超人的な力を発揮するポパイは米国の人気作品の登場人物。現在でもグッズが販売されており、日本でも知名度が高い。
 幼いころ、ホウレンソウが嫌いだった私は、母に「食べたら強くなる」と言われながら、かまずに無理矢理、飲み込んでいた記憶がある。無論、強くもなれなかったが…。
 企業や社会で絶対的に必要なルールとして「ホウレンソウ」がある。報告・連絡・相談だ。それを怠ると日常の業務に支障を来たし、仕事の効率低下だけでなく、ミスや従業員間でのトラブルにつながる可能性もある。なにより、顧客に損害を与えることに成りかねない。それだけは避けたいものだ。警察や消防など緊急を要する職種においての「報連相」は人命に係わるため、徹底していることであろう。
 紀宝町は平成23年9月の紀伊半島大水害を教訓とし、町版タイムラインを策定している。タイムラインは、台風の影響が最大になることが予測される時間帯を設定し、数日前から関係機関と連携し対応する計画。各担当部局が事前に行動時期と内容を知り、住民に早めの避難を呼び掛け、被害の軽減に務めている。この場面でも「報連相」は必要不可欠であり、命を救うという点においてはポパイのホウレンソウ以上に力を発揮するはずだ。

【前】

新聞広告ガイド

ご購読案内

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る