紀南抄12月20日付

2018-12-19

 当地方の冬の風物詩の一つ、川湯温泉「仙人風呂」が22日にオープンする。今年は川湯温泉を中心に熊野本宮温泉郷はこの夏に甚大な被害を受けたが、懸命な復旧作業によりほとんどの宿泊施設が再開。仙人風呂のオープンとともに、熊野本宮温泉郷の復興を発信していく。
 大塔川の川原に掘った天然の露天風呂。何度か入らせてもらったが、自然を感じながらゆったりとくつろげる野趣あふれる空間がたまらない。2月末までの開設中、久しぶりに入りに行くつもりだ。
 1月20日には恒例の「仙人風呂かるた大会」が行われる。湯船に木製のかるたを浮かべ、チーム対抗で競い合うもの。第1回大会に出場させていただいたが、毎年地元のみならず遠方からも大勢の参加者を得て開催している。川湯の元気な姿を発信するには打って付けのイベントになるだろう。
 紀伊半島大水害で被害を受けた勝浦温泉もそうだったが、減少した観光客を復興後すぐにV字回復させることは難しい。行政や関係者が一体となって努力を続けることで数字は戻る。粘り強い活動をお願いしたい。

【F】

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る