紀南抄11月6日付

2018-11-5

 11月は厚生労働省が定める「児童虐待防止推進月間」。ネグレクト(育児放棄)や経済的な困窮で子どもたちが命を落とす事件が相次いだことを受け、2013年にNPO法人「大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO)」を設立した徳丸ゆき子代表。地道な活動が認められ、このほど認定NPO法人の認可も受けた。全国で2千か所を超えるまで広がる「子ども食堂」の草分け的存在であり、けん引役となってきた。必要な支援を知るため、シングルマザー100人に聞き取り調査もした。現在は、週に3日の「ごはん会」を中心に勉強したり遊んだりする活動に取り組む。。
 その徳丸代表が、新宮市の「子育てあんしんネットしんぐう」の招きに応じ、26日(月)午後1時30分から、市商工会議所で「まちぐるみの子育て支援〜自分たちにいまできること〜(仮題)」をテーマに講演する。「しんどい状況に置かれている子どもたちのことを思う新宮の人々とともに考える機会にしたい」と徳丸代表。児童虐待のないまちづくりにつなげたい。

【茂】

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る