紀南抄10月3日付

2018-10-2

 10月から暮らしに関わる制度や価格が変わった。たばこの値上がりもその一つ。日本たばこ産業(JT)は、加熱式たばこなども含めて150銘柄を10〜100円値上げする。
 かつてたばこを吸っていた身としては、愛煙家の気持ちは分かるつもり。公共的な場所での分煙や禁煙は当たり前。このところ、飲食店でも全面禁煙といった表示も珍しくなくなった。。
 条例などで路上喫煙を規制する自治体もあるが、こうした動きによって愛煙家のマナーは格段に上がっている。最近、歩きたばこをする人をあまり見なくなった。喫煙所であっても周囲への煙の流れを気にしている人も。ルールとマナーを守る愛煙家に安らげる空間の確保があってもいい。
 たばこを一例に挙げたが、今月は電気やガスの値上げもあるようだ。ガソリン価格も高値が続き、地震や台風などの災害で、野菜や果物をはじめとした食料品にもじわりと影響が出ている。さまざまな要因が重なっての値上げであるのは分かるが、生活に直結するものばかりが続くとつらい。状況が好転することを願う。

【F】

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る