紀南抄1月8日付

2019-1-7

 今年の成人の日は1月14日。当地方では、成人式を正月の帰省にあわせて年始早々に行っている自治体が多く、14日が成人の日という感覚は薄い。また、太地町や古座川町、田辺市本宮町では、8月のお盆の帰省時期にあわせて催している。
 成人式の会場は、ヘアメイクをばっちりと決め、色鮮やかな振り袖姿の女性と、凛とした袴やスーツ姿で臨む男性でどこも華やいでいた。久しぶりの再会に笑顔があふれ、会話が弾み、活気にあふれていた。その様子を見る保護者や関係者の表情もにこやかだった。
 進学や就職で地元を離れる若者は多いが、成人式の節目に地元に里帰りし、保護者をはじめ周囲への感謝の言葉やこれからの決意の言葉を聞くと、どれもたくましく感じ、うれしい気持ちにもなる。離れてみて分かる良さは必ずある。
 将来、地元に戻る人、各地で活躍する人さまざまだと思うが、故郷のことはいつも心に留めておいてほしい。それぞれが親善大使になったつもりで、友人・知人に地元を存分にPRすれば、それが地元にとって大きな力となる。頑張れ新成人。

【F】

社説

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る