団結して熊野地域活性化
美し国おこし引き継ぎ

photo[2] 紀宝町、御浜町、熊野市の16団体で組織する「美(うま)しくまの活性化協議会」第1回交流会が、熊野市木本町のきのもと会館で実施された。2団体の新規入会を承認し、平成29年度の事業について協議した。
 平成21年から26年に実施された県の事業「美し国おこし・三重」に参加した1市2町が昨年、同協議会を結成。今回の新規入会団体である「熊野旅の文化企画」と「そば工房熊野」を含め16団体が熊野地域の活性化に向けた取り組みを進めている。
 本年度の取り組み案には連携事業として交流会の継続が盛り込まれた。それぞれ6月23日、9月22日、12月22日、3月23日の4半期ごとの実施を予定。協議会PRイベントの実施やネットを利用した外部への情報発信、活動紹介などを希望するグループの支援などの連携事業も挙げられた。このほか、教育機関との連携強化に向け、本年度の各団体の活動スケジュールを地元小中学校に配布。地域の子どもたちとの連携にも取り組み、教育関係の行事にも協力していく。
 本会で協議された情報発信については、フェイスブックに専用ページを設け、各団体が協力して管理しながら行事の様子、団体の紹介などを行っている。
 本年度の同会の役員は次の皆さん。敬称略。

▽世話人代表
矢熊 敏男
(神内生き活き協議会)
▽熊野市 世話人、会計
前田 衣代
 (熊野街道ひなめぐり
実行委員会)
▽御浜町 世話人、会計
藤岡 文子
 (趣味の会「和」なごみ)
▽紀宝町 世話人
蔵本 一範
 (ほたるを守る会)
▽庶務
紀南地域活性化局地域活性化防災室県民防災課
▽会計監査
原田 稔夫
 (熊野宮川を守る会)
平見としゑ
 (御浜町生ごみ減らし隊EM会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る