高速沿道の広告に新基準
色彩統一で景観と調和

 和歌山県はこのほど、高速道路と自動車専用道路の沿道の案内広告物に新たな設置基準を設けた。周辺景観との調和を目指して茶色と白色の背景・文字を基調とし、知事が指定した観光施設や地域特産品のみが表示できる。5月8日(月)から施行、現存する違反広告物は是正指導に取り組むとしている。
 県は高速道路沿道300メートルの範囲は屋外広告物の設置を原則禁止としていたが、守られておらず商品広告が乱立する状態だった。このため昨年8月より、分かりやすく統一感のある案内広告物の新基準を検討していた。
 認められる広告物は、主要部の背景が茶色、文字が白色のもので、観光施設、地域特産品などを表示できる。任意で記号のほか、写真の表示が許可される場合もある。インターチェンジ名称は案内部に表示、背景は白色、文字は茶色と決められている。高さは地盤面から7メートル以内、形状は長方形で幅11メートル以下となっている。
 表示できる内容として、観光施設は城、神社仏閣、温泉地、海水浴場など。一般店舗や飲食店、ホテル、旅館は対象外となる。地域特産品としては、マグロ、ミカン、各種工芸品など。観光施設、地域特産品のいずれも知事の指定したものに限られる。
 現存する違反広告物は撤去を求めるが、是正に向けた計画や安全が確認される場合は平成32年3月31日まで現状のままを認める。
 問い合わせは、和歌山県県土整備部都市政策課(電話073・441・3228)。

photo[3]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

社説

  1. editorial

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る