紀南高生の自転車点検
紀宝署と紀宝交安協会
安心安全の通学はかる

2・ 三重県立紀南高校は18日、自転車通学の1年生22人を対象にした、自転車点検を行った。紀宝警察署と紀宝地区交通安全協会の協力のもと、自転車の安全性を確認。不備があれば注意を行ったうえで、啓発グッズを手渡し、紀南高校の登録シールを自転車に貼りつけた。
 自転車の安全利用を推進しようと毎年行っている。紀宝署の交通課から1人、同協会から11人が参加。対象生徒の自転車の反射材、ブレーキ、ベルなどの状態を点検し、スポーク部に反射材を取り付け、自転車の安全運転を啓発するチラシを配ったほか、不安を感じた部分は改善するよう注意を与えた。点検が終わった生徒の自転車には、後輪タイヤの上に付いたフェンダー(泥よけ)部分に紀南高校の登録シールが貼られた。
 御浜町の市木地区から通う山本翔興くん(15)は、これから3年間の自転車通学を行うことに対し、「飛び出しや歩行者との接触をしないように気を付けたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

社説

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る