遠足でわんぱくぶり発揮
放課後児童クラブきほっこ

2・1 紀宝町放課後児童クラブ「きほっこ」はこのほど、毎年恒例のお花見遠足を那智勝浦町で行った。31人の児童が参加し、熊野古道の大門坂や那智の滝、那智の浜を訪れ、わんぱくぶりを発揮した。
 大門坂〜熊野那智大社〜青岸渡寺〜那智の滝〜那智の浜〜黒潮公園を巡り、大門坂では「しんどい」などと言いつつも登り切り、無事に熊野那智大社に到着。青岸渡寺や那智の滝を見学した後、那智の浜で弁当を味わい、浜ではビーチフラッグならぬ、バットを砂浜に立てて、誰が一番先にバットを取るかを競う、ビーチバットで元気に駆け回った。
 その後、足湯では、初めての児童も多く、足だけでは物足りないのか、全身浸かる勢いで身体を温めた。最後に、黒潮公園で遊び、楽しんだ。バスの中では疲れが出たのかウトウトと夢見心地で帰路についた。今回はボランティアメンバーも引率として参加、児童の無事を見守った。

2・2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る