14日の告示へ準備着々
激戦必至 「重要な選挙 投票を」

 新宮市議会議員一般選挙(14日告示、21日投開票)を間近に控え、新宮市選挙管理委員会ではその準備に追われている。立候補者に渡す「7つ道具」の確認や、期日前投票の会場設営、周知のためののぼり掲出など、余念がない。
 市役所では12日に、期日前投票の会場設営が行われていた。記入台や投票箱、受付用の机と椅子などを用意。所定の位置に並べるなどしていた。このほか市役所では懸垂幕や横断幕を、中央通沿いにはのぼりを掲げる。のぼりは三輪崎と高田の支所、熊野川の行政局でも出すという。
 市選管の馬込克彦・事務局長は有権者に対し「新宮市にとって重要な選挙。できるだけ棄権せず投票をお願いします。都合が悪い方には、期日前投票や不在者投票の制度もあるのでご利用ください」と呼び掛けている。
 期日前投票は、15日(月)から20日(土)まで、新宮市役所と熊野川行政局の2か所で行う。時間は、新宮市役所が午前8時30分から午後8時まで。熊野川行政局が午前8時30分から午後7時まで。また、平成27年4月26日に執行された、前回の市議会一般選挙では、投票率が68・59パーセントだった。
 前回からの大きな変化として、新宮市議会の議員定数が17人から15人に減ったことがある。これに対して12日正午現在、19人が立候補を予定し、事前審査を済ませた。議席を巡り激戦が予想されている。内訳は、現職12人、元職1人、新人6人となっている。

期日前投票の会場を設営する

期日前投票の会場を設営する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2019年6月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る