官民一体の観光振興
那智勝浦町 活性化の糸口に

3・1 那智勝浦町の観光振興と次世代を担う人材育成を目的とした「那智勝浦町観光振興ワークショップ」の報告会が25日、町役場で開催された。昨年8月の立ち上げから6回にわたり開催されたワークショップを経て策定された「地域コンセプト」とそれが出来上がるまでの過程を報告した。
 同ワークショップは、官民が一体となり、観光振興の機運を高めるとともに、観光振興の次世代を担う人材の育成を目的とし昨年8月に発足。株式会社リクルートライフスタイルに「那智勝浦町観光振興アドバイザリー業務」を委託し、現在まで6回のワークショップを開催した。観光振興計画の基盤となる「地域コンセプト」を策定し、同町の基幹産業である観光産業における交流人口の増加や地域内経済の活性化を目標に活動している。
 ワークショップのメンバーを代表し
 ・太田美保さん(太田農園)
 ・斉藤文子さん(那智勝浦町観光協会)
 ・井戸大輔さん(熊野那智大社)
 ・後呂孝哉さん(chikichiki)
−の4人が開催回順に「地域コンセプト」作成過程を報告。結果として、「瀧の神、結ぶ。那智勝浦町」が地域コンセプトとして策定されたと報告し、地域コンセプトを基に各チームが立案した「観光振興プラン」を披露。
 ・那智の滝の御神水を使用した飲料
 ・各地域の特産物などを使用した「お結び」
 ・同町内33のコンテンツを巡る「那智勝浦町結ぶ&つなぐ33パスポート」
−など同町の魅力と地域コンセプトを結びつけた案が出された。
 堀町長は「観光振興の基本計画、未来に向けての構想、それを支えるDMOについて新年度から取り組みたい。ここで報告された内容は、DMOにも生かすことができるのでは」と期待を語った。

3・2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

社説

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る