本の魅力 自分の言葉で
阿田和中でビブリオバトル
おすすめの1冊を紹介

2・阿田和中魅力を語る発表者 御浜町立阿田和中学校の公開授業として19日、おすすめ本を紹介しあい最も読みたい1冊を選ぶ、ビブリオバトルがあった。2年生と3年生が実施。各生徒がお気に入りの1冊を持ち寄り、魅力を語った。
 ビブリオバトルは、発表者が持ち時間内で、持ち寄ったおすすめ本の魅力を紹介。これを聞いた聴衆が投票して、最も読みたいと思うチャンプ本を決める催し。「本の内容を共有できる」「スピーチの訓練になる」「いい本が見つかる」などの魅力がある。同校では、平成27年度に初実施。1回休み、29年度に復活、今回に至る。
 2年生は単独で実施。1年生は未経験のため発表はせず、3年生のビブリオバトルに聴衆として参加した。3年生18人は4班に分かれ、各自が発表者としておすすめ本を紹介。1年生18人も4班に分かれて発表を聞き、投票に参加した。
 発表者は慎重に言葉を選び、時折ページを開いておすすめの文節を引くなどして、魅力を解説。聴衆はメモを取るなどしながら、真剣に耳を傾けていた。この日は班ごとにチャンプ本を選出。さらに各班のチャンプ4人が全員の前で再度発表、3年生としてのチャンプ本を選んだという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る