団と住民 力を合わせて
紀宝町消防出初め式
防災意識の向上へ努力

答辞を述べる向井団長

答辞を述べる向井団長

 紀宝町鵜殿の生涯学習センターまなびの郷で3日、「平成31年紀宝町消防出初め式」が開かれ、消防団員114人と関係者が出席、式典が行われた。
 式典では、三重県消防協会長、三重県消防協会紀南支会長、紀宝町長から永年勤続功労、優良消防団員など功績がたたえられ、表彰状や感謝状が授与された。
 西田町長が、日頃の消防団員の活動に対して感謝を述べ、昨年から取り組んでいる防災行政無線移動系のデジタル化や、町消防団発足以来、初の女性団員への期待感についてふれ「日頃の訓練の成果を遺憾なく発揮し、住民の生命および財産を災害から保護するとともに、地域住民の防火・防災意識の高揚を図る活動に取り組んでいただきたい」とあいさつした。
 来賓からの祝辞に続き向井治消防団長が答辞で、大規模な災害においては消防団だけで対応するのは難しく、地域住民の防災意識を高め地域住民と一体となって防災に取り組むこと、そのためにも地域で防災について考え話し合う場は大変有意義であると述べ、「団員一丸となって、町民の皆様から信頼される消防団となり、町民が安心して暮らせる、明るい豊かな町づくりに少しでも貢献できるよう、今後も団員一同、努力して参る所存」と力を込めた。
 式典の後、駐車場へ場所を変え、西田町長を閲覧者に、整列、号令、服装点検などの通常点検を行った。
 式典で表彰を受けたのは次の皆さん。敬称略。
【三重県消防協会長表彰】
▽功績章
 廣畑 勝也
    (第2分団団員)
▽精勤章
 森岡 敏明
    (第3分団団員)
 中家 嗣仁
    (第4分団団員)
 榎本 健治
    (第4分団団員)
▽感謝状
 向井 住和(元副団長)
【三重県消防協会紀南支会長表彰】
▽永年勤続功労章
 田尾 友児
  (第1分団副分団長)
 十河 明生
    (第1分団部長)
 大矢 純三
    (第1分団班長)
 倉垣 守男
    (第2分団団員)
 高橋 一馬
    (第3分団団員)
 浜田 新一
   (第4分団分団長)
▽優良消防団員章
 棚田 祐介(第1分団)
 田尾 雄紀(第1分団)
 濱地 都茂(第1分団)
 竹鼻  勉(第1分団)
 上道  大(第1分団)
 辻本 喜昭(第2分団)
 橋本 将大(第2分団)
 榎本 琢磨(第2分団)
 岡  繁樹(第3分団)
 尾﨑  健(第3分団)
 尾﨑 公紀(第3分団)
 岡本 年正(第4分団)
 糸川 正俊(第4分団)
 久原 健志(第4分団)
【紀宝町長表彰】
▽永年勤続功労章(30年)
 下  益久
    (第3分団部長)
▽永年勤続功労章(15年)
 矢熊 景太
    (第1分団団員)
 伊藤 真人
    (第2分団団員)
 森溝 和也
    (第3分団班長)
 尾子 祐介
    (第3分団団員)
 産屋敷竜哉
    (第3分団団員)
▽優良章
 潮崎 拓治
    (第2分団団員)
 福田  実
    (第3分団団員)
 塩崎  友
    (第4分団団員)
▽感謝状
 向井 住和(元副団長)

通常点検の様子

通常点検の様子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る