「かわいい」子どもら笑顔
御浜町で移動動物園
町制60周年記念協働事業

3・1御浜町移動動物園2 御浜町と町社会福祉協議会は2日、子育て支援室おひさまの屋外で、「わくわく!移動動物園」を開いた。町制施行60周年記念協働事業として、子育て中の親子やファミリーサポート会員、ボランティアなどが交流し、地域で子育てを行っていくためのつながり作りを目的に実施。多くの家族連れらが訪れ、動物たちとふれあい、地域の人々と交流し、楽しんでいた。
 ヤギやヒツジ、ケヅメリクガメ、モルモット、ふれあい犬などを連れて依頼地に赴く、愛知県の「ふれあい移動動物園・いちご動物園」に町と町社協が依頼し、一日だけ開設された。
 子どもたちは、普段は接する機会のない、大きなケヅメリクガメやヒツジ、ヤギ、モルモットなどを眺めたり、餌をあげたり、抱きしめたりしてふれあった。カメにまたがり、ノシノシと歩き出すと「うわー」と歓声を上げ、ヒツジやヤギに餌をあげると、餌を求めて柵から顔を出すヒツジやヤギに、後ずさりしたり、頭をなでたりし、ふれあいを楽しんだ。
 山本果林さん(御浜小4)は「かわいかった。餌やりすると皿を引っ張られてビックリした。モルモットはもっとモフモフしてると思っていたが、抱きしめてさわるとサラサラだった」と話し、笑顔を見せた。
 町社協・地域福祉係の腰當知香さんは「初めての試みで不安だったが、たくさんの人に来ていただき、よかった。みんな動物とふれあい喜び、楽しんでくれている。うれしい。動物園も愛知県から来ていただき、感謝の言葉しかない」と思いを語った。

3・2御浜町移動動物園1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る