現場視察で進捗確認
鵜殿小学校の改修工事
紀宝町議会教育民生委

改修されたランチルーム

改修されたランチルーム

 紀宝町議会教育民生常任委員会は13日、同町立鵜殿小学校を訪ね、現在行われている大規模改修工事の様子を視察。各議員や西田健町長が担当者から進捗(ちょく)状況を聞き、校内を見てまわった。
 工事は、鵜殿運動場、うどの幼稚園と併せて行っている本年度の主要事業の一つで、教室や体育館の外壁塗装、床の塗装、天井の張り替え、屋上の補修、照明のLED化、グラウンドのフェンス取り換え、土入れなどを行う。校内での工事は授業への影響が少ないよう夏休み期間に集中して行っており、9割方完了している。現在は主に外壁工事を児童の安全に配慮しつつ進めている。
 校舎内に一歩足を踏み入れると、LEDの照明が教室や廊下を明るく照らしていることが実感できる。床は塗装によってピカピカの仕上がりに。階段の手すりも青や黄色で塗装されている。下駄箱がある玄関では、天井が三重県産の杉に替えられ、木の香りに包まれている。ランチルームでは、床が明るい木目調のもので滑りにくい素材に替わった。トイレは和式から一部洋式になった。グラウンドに面する教室の窓ガラスは強化ガラスに取り換えられた。
 西田町長は、事故なく無事に改修工事が進んでいることに感謝を示し、「壁も床も天井もきれい。照明も明るくなり、より高い教育環境が整備できている」と話し、辻至校長は「子どもたちが“違う学校みたい”と感激している。教室が明るく、壁も真っ白できれいになったことで、汚さないようにしなければと意識するようになる。児童が良い環境で学び、学力向上につながれば」と語った。
 今後は教室や体育館の外壁塗装、プールのろ過装置取り換えのほか、グラウンドの工事に取りかかる。グラウンド工事は今月29日(土)に予定している運動会の後に始めるという。全体の工事は、本年度末までに完了させる見込み。

体育館の外壁工事がスタート

体育館の外壁工事がスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る