鵜殿運動場の工事進む
紀宝町教委 進捗状況伝える

 紀宝町教育委員会の本年度9回目の会議が11日、役場で開かれた。西章教育長をはじめ教育委員ら10人が出席。鵜殿運動場、鵜殿小学校、うどの幼稚園での大規模改修工事の状況をはじめ、紀宝町サマースクールの実績など同教委管轄事業の現状が報告された。

3・工事が進む鵜殿運動場 鵜殿地区3か所での大規模改修工事について、事務局が進捗(しんちょく)状況を説明。
 運動場ではグラウンド、照明、管理棟の改修を進めているところで、工事は順調に進んでいる=写真=。小学校では、夏休み期間中に床の研磨や壁の塗装など学校内での工事を集中して進めており、照明のLED化も合わせて行った。今後、外壁の塗装や運動場の凹凸をならす工事などを予定している。夏休みが終わり、授業が行われる期間の工事になるため、安全に十分配慮しながら進めていく。幼稚園では、3つある保育室のうち2つの内部工事が終わっており、残りの保育室の整備を実施していく。今後は外部通路の再塗装や外部改修工事などを予定。その際、足場の設置なども必要なため、周囲の安全に気を配りながら取り組んでいく。
 夏休み期間の小学生の学習の場として取り組んでいるサマースクールは、7月21日〜8月31日の平日20日間、町内5か所で開催し、全児童数の約43%にあたる223人が参加した。保護者からも好評で、これを利用して夏休みの宿題を終わらせた児童も多かったという。冬休み期間は「ウインタースクール」を実施する予定。

自然プール利用、姉妹町との交流も

 大里自然プールの今シーズン(7月21日〜8月31日)の利用者数は、県内外からのべ1万3640人。厳しい暑さなども影響してか、前年より800人増加した。さらなる利用者の安全確保のため、平日、休日ともに監視員を1人増員しており、大きな事故もなかったという。
 本年度の石川県中能登町とのスポーツ交流事業では、8月21〜22日に相野谷中学校野球部1人と矢渕中野球部11人ほか両校の指導者、保護者が中能登町を訪問。交流試合などで親交を深めた。試合は6―2で紀宝町チームが勝利した。来年度は中能登町の訪問団が紀宝町を訪れる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る