駐車場陳情を採択
市役所西の半分を交換
新宮市議会 僅差で決着

3・起立で賛成を示す議員ら 台風で中断されていた、新宮市議会9月定例会が5日に再開。井の沢の浜野皮膚泌尿器科より出されていた市役所西側駐車場の一部払い下げを求める陳情書について、賛成8人、反対7人で採択された。
 陳情書は施設の拡大を求めて同病院から、昨年11月に市議会に提出。市議会の総務建設委員会で審議されてきた。市役所から道路を挟み、同病院に隣接する西側駐車所の約半分、約400平方メートルの払い下げを求めていた。
 市側は当初、難色を示していたが、病院側で市役所正面にある東側駐車場に隣接する民有地を購入、同等の台数を確保する駐車場整備を行い、代替え地とする提案が後に市に出された。この報告を受けて同委員会では、陳情を賛成多数で委員会可決した経緯があった。
 総務建設委員会委員長による報告の後、同委員会未所属の議員から疑問点が質された。討論では賛成意見として、前田賢一議員が「(代替え地は)東側駐車場に隣接するため、(西側と違い)道路横断がいらない。安全性が確保され、医療環境も充実、固定資産税も生じる。メリットはあるがデメリットはない」。
 福田讓議員が「市民の利便性を考えれば(代替え地案による)東側が必然。西側からの横断は危険が伴う。市民の利便性や安全性を最重視して賛成」。大西強議員が「病院施設の充実により市民がいい治療を受けられるように。デメリットも反対理由もない」などと発言。
 対する反対意見として田花操議員は「(西側駐車場は)防災でもまちづくりの面でも必要な都市空間。周辺に民有地が多数あるのになぜ市有地を求めるのか」。辻本宏議員は「災害時の拠点となる市役所周辺の駐車場や広場は確保しておかねば。きわめて重要な公共用地。代替え地の提案はメリットはあるが別案件として考えないと」。
 北村奈七海議員は「個人をおもんばかっては公共性を手放す。公平性や中立性を担保すべき」。大石元則議員は「交渉は始まったばかりで、(代替え地は未確保など)不明瞭な点が残る。払い下げだけを求める陳情を賛成しては、市民に誤解を招く」。東原伸也議員は「西側駐車場は防災拠点にもなる。単に払い下げに応じるのは難しい。代替え地の提案は市に考えてもらうとして、現在の陳情書の内容では反対」と述べた。

 賛成、反対は次の議員。敬称略。
 【賛成】
  前田 賢一、久保 智敬
  榎本 鉄也、松本 光生
  濵田 雅美、福田  讓
  杉原 弘規、大西  強
 【反対】
  東原 伸也、辻本  宏
  松畑  玄、田花  操
  上田 勝之、大石 元則、北村奈七海

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る