屋内で開催も熱気漂う
千穂公民分館の夏祭り

5・千穂公民分館夏まつり2 新宮市の千穂公民分館は2日、市立神倉小学校体育館で夏祭りを開催した。当日午後までグラウンドで実施する予定で準備を進めていたが、不安定な天候のため屋内での開催に変更。それでも子どもや家族連れが多数訪れ、会場は熱気にあふれた。
 体育館では同校の保護者らが学年ごとに運営する夜店が並んだ。「みたらし団子」「くじ引き」「だがしやさん」「射的」など多彩で、子どもらが長い列を作った。体育館と校舎間の通路では、同分館による「生ビール」「肉団子」「おでん」「ジュース」の販売が行われ、香りにそそられて人が集まっていた。
 濵中勇伸くん(神倉小4)と千颯さん(蓬莱保年長)のきょうだいは家族で来場。射的ゲームで賞品を当てた千颯さんは「楽しかった。来年も来たい」と笑顔だった。
6・千穂公民分館夏まつり1
 同分館の森光治分館長によると、前身の盆踊り大会を公民館が引き継いで30年以上になるといい、「事前の会議から準備、当日の運営まで、関係者の皆さんの協力があって続けられる。でもこうした苦労も、大勢の子どもたちが笑顔で楽しむ姿を見ていると吹き飛びます」と笑った。
 また、来年以降は盆踊りもプログラムに盛り込みたい考えで、「踊り手の方で協力いただける方がいればありがたいです」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る