台風対応であいさつのみ
新宮市議会 9月定例会開会

水害の犠牲者の冥福を祈る

水害の犠牲者の冥福を祈る

 新宮市議会の9月定例会が4日に開会した。会期は27日までの24日間で、新宮市西側駐車場敷地の一部払い下げを求める陳情1件、平成30年度新宮市一般会計補正予算(第3号)、辺地総合整備計画の変更などを含む12議案を審議する。一般質問は11〜14日に行われる予定。この日は台風21号の接近に伴い、議事は開会宣言と田岡実千年市長のあいさつだけにとどめ、再開は5日以降とすることに決まった。
 冒頭、出席者全員が起立し、7年前の紀伊半島大水害の犠牲者の冥福を祈って黙とうをささげた。
 あいさつに立った田岡市長は、先日あった台風20号の被害調査などを含めた事後処理をしている最中の台風21号接近であるとし、「現在、早めの避難をしていただくための啓発をしているところ。これから避難指示の発令も検討しなければ」と緊張感をにじませた。また、市役所に隣接する旧仮庁舎(職業訓練センター)の耐震補強を年内に終わらせ、年明けから会議室としての利用を検討していることも説明。なお、これに関連した「新宮市庁舎会議室の使用に関する条例」も議案としてあがっている。

 本会議を生配信

 議会の様子はインターネットで生配信される。また、前回定例会時の一般質問の録画映像も見られる。
 議会事務局は、視聴にあたっての注意事項として
 ▷ライブ配信については、発言の取消し及び訂正等については修正せず配信している
 ▷配信されている映像や音声は、新宮市議会の公式記録ではない
 ▷アクセスが集中した場合や使用している端末の環境(機種、性能等)によっては、映像をスムーズに見られない場合がある  −など呼び掛けている。
 視聴方法は、新宮市ホームページ→市政情報→市議会→議会映像インターネット配信。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る