猛暑吹き飛ばし「カンパーイ」
ビアガーデンにぎわう
気象台 引き続き熱中症対策を

6・ビアガーデン1 好天に恵まれ新宮市では例年の暑さとなった16日夜、同市緑ヶ丘の新宮ユーアイホテルの屋上には「カンパーイ」という声が響いた。
 同ホテルは7月1日からビアガーデンを開始。この日は多くの家族連れらが訪れ、バーベキューと、冷え切った生ビールを味わっていた。
 家族9人で訪れた新宮市蓬莱の住井睦明さんは「毎年、帰省している息子・娘夫婦の孫たちとこのホテルのビアガーデンに来る。去年は雨で残念な思いをした。今年は晴れてよかった。バーベキューで孫たちが喜んでいる。ビールもおいしくて、何より屋上は涼しい」と満足そうにジョッキを空にした。
 営業時間は午後5時30分から9時。8月31日(金)まで。
 同ホテルの竹内智支配人によると、平日は会社帰りのサラリーマン、週末と日曜日はファミリー層が多い。また、若い女性客も増えている。猛暑の影響で客の飲酒量と食事量は例年より増加。バーベキューと昨年から始めた飲み放題が好評。
 竹内支配人は「週末は混雑が見込まれるので、来店の際は予約をお願いします。開放的な空間でストレスも解消できますよ。生ビールとバーベキューで残暑を乗り切ろう」と呼び掛けている。問い合わせは、同ホテル(電話0735・22・6611)。
 大阪管区気象台では16日、18日から9月17日(月)までの天候見通しを発表した。近畿太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多く、向こう1か月の平均気温は、高い確率70パーセント。降水量は、近畿太平洋側で平年並みか多い確率ともに40パーセント。
 期間の前半は気温がかなり高くなる可能性があり、例年以上の熱中症対策を呼び掛けている。

7・ビアガーデン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る