自転車で熊野参詣
大阪市の毛利さん親子
田辺市から速玉大社へ

4・毛利さん親子 田辺市を5日午後に出発し、熊野速玉大社への参拝を目的に自転車で旅をしていた大阪市中央区の毛利直彦さん(53)と龍之介くん(9・小3)親子が8日午後3時40分ごろ同大社に到着した。毛利さんは同大社の崇敬者で、龍之介くんの夏休みを利用して今回の旅を行った。
 父の直彦さんは「世界遺産になるほどの熊野三山に手を合わせに行きたいと思っていたので旅に出た。大きなことを成し遂げた達成感があり、この旅で息子の顔つきが変わった」と語った。息子の龍之介くんは「自由研究のために住吉大社(大阪市住吉区)まで自転車で行ったとき楽しかったので、速玉大社まで行きたいと思った。また、家の前に熊野街道の出発点の八軒屋浜があり、熊野街道を通って速玉大社まで行ってみたかった。この旅も夏休みの自由研究にする。旅の途中、白浜町で海水浴、太地町でクジラに触ったことが楽しかったが、最後の坂を自転車で上るのが大変だった」と語った。
 2人の到着を笑顔で迎えた同大社の上野顯宮司は「親子が同じことを経験し、絆を深めていくことは良いこと。子どもにとっても良い経験となった。炎天下の中よく頑張ってここまで来てくれた」と労をねぎらった。
 その後、毛利さん親子は同大社への正式参拝を行い、新宮市内で宿泊した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る