大しめ縄 慎重に張り替え
高さ133メートルでの作業
「那智の扇祭り」控え

1・しめ縄を張り替える神職ら 国の重要無形民俗文化財に指定されている「那智の扇祭り」を14日(土)に控え、那智勝浦町那智山の熊野那智大社の神職ら5人が9日、落差日本一(133メートル)を誇る那智の滝の銚子口で「御瀧注連縄(しめなわ)張替式」を行った。この日は増水しており、滝の上流から激しく水が流れ込んでくる中、神職らは腰に命綱を締め、一つひとつ作業を丁寧に進めていった。
 白装束に烏帽子(えぼし)姿の神職らは、午前9時に本社拝殿で神事「大注連縄張替式奉告祭」を行った後、約2キロの山道を30分ほどかけて進み、滝の上流に到着。川に入る前に祈祷(きとう)を行い、銚子口の流水につかりながら古いしめ縄を外し、長さ3メートルの布垂れ4本を等間隔に付けた新しいしめ縄に張り替えた。
 しめ縄の長さはおよそ26メートルで、重さ約4キロのさらし木綿をより合わせて作られている。張り替えは年に2度、例大祭前のこの時期と年末に行われている。
 毎年7月14日に行われる扇祭りは、社殿に祀(まつ)られている十二柱の熊野権現が、かつて祀られていた那智の滝に里帰りする神事。滝前の参道を大松明の火で清めることから、「那智の火祭り」として長年親しまれてきたが、平成27年に「那智の扇祭り」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る