海のレジャー前に美しく
三輪崎海岸、孔島・鈴島
市民 協力して清掃活動

孔島周辺のごみを拾い集める

孔島周辺のごみを拾い集める

 海水浴など海のレジャーシーズンを前に、新宮市の三輪崎海岸と孔島・鈴島で1日、クリーン作戦があった。市と三輪崎区、三輪崎漁業協同組合、孔島鈴島保護委員会、新宮港振興会、三輪崎郷土芸能保存会、新宮青年会議所、新宮市一般廃棄物収集運搬業協同組合に参加を呼び掛け、約200人が参加し、海岸を美しくした。
 参加者は午前7時に三輪崎漁港駐車場に集合。田岡実千年市長は「ごみを拾いながらすばらしい自然を体感してほしい」とあいさつし、作業時の熱中症に十分注意するよう呼び掛けた。
 三輪崎区民は三輪崎海岸、区民以外は孔島・鈴島に移動し、それぞれ不燃ごみと可燃ごみの別に集めていった。参加者は帽子やタオルで暑さをしのぎながら作業。三輪崎海岸では漂着した海藻や流木、発泡スチロールなど、孔島では空き缶やプラスチックのごみが目立った。この日は約1時間の作業で可燃ごみ1420キロ、不燃ごみ140キロが集まった。
 母親らと参加した山口渉(あゆむ)くん(三輪崎小3)、希さん(同1年)きょうだいは「海が好き。みんなで掃除してきれいになってよかった」と笑顔で話した。終了後は参加者に飲み物が提供され、のどを潤していた。
 三輪崎海水浴場は15日(日)にオープンする。期間は8月19日(日)まで。シャワー(温水シャワー有料)、更衣室を完備している。昨年中の遊泳者は1718人、一昨年は2993人、土日祝日の一日平均遊泳者は約250人だった。今年の環境省の海水浴場水質判断基準で良好な「AA」の判定を受けている。

海藻や流木類が目立った三輪崎海岸

海藻や流木類が目立った三輪崎海岸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る