県高校総体で好成績
全国、近畿での飛躍誓う
新宮高校弓道部

photo[3] 平成30年度和歌山県高等学校総合体育大会弓道競技の部が6月2日、3日の2日間、田辺市立弓道場で開かれ、新宮高校の竹内裕賀さん(2年)が女子個人で2位となりインターハイ(全国総体)への出場を決めた。女子個人では上位10位までに新高勢が5人入り、2位だった女子団体と合わせて近畿大会に出場する。また、男子個人でも塚賀員(よしかず)くんが7位入賞で近畿大会への出場権を得た。
 個人2位の竹内さんは新キャプテンで、団体2位のメンバーとしても活躍した。団体戦は8校10チームが出場し、予選を勝ち抜いた新宮A、新宮B、神島、日高、紀央館の5チームで決勝リーグ(総当り)を行った。新宮A、神島、日高が3勝1敗で並び、決定戦の末、惜しくも2位となった。優勝は神島だった。
 竹内さんはインターハイに向けて「まだまだ実力はないと思うので、全国までに少しでも射形をきれいにできるようほかの学校の人たちの形も参考に勉強したい」。前キャプテンとしてメンバーをまとめた土屋智美さん(3年)は近畿大会に向け「昨年の近畿大会は予選敗退だったので、今回はしっかりと決勝に残り勝ち抜きたい」。男子の前キャプテン塚くんは「昨年の県総体ではあと1本で近畿大会を逃していたので、今年はその雪辱を果たすことができてよかった。近畿大会は決勝に残って戦えるよう頑張りたい」とそれぞれ意気込みを語った。
 近畿大会は7月21日〜22日、奈良県橿原市で、インターハイは8月2日〜5日、静岡県袋井市でそれぞれ開催される。
 新宮高女子団体戦メンバーは次の皆さん。学年横の数字は個人戦の順位。
【新宮A】
佐野 遥圭(3年) 4位
竹内 裕賀(2年) 2位
嶋田 紗帆(3年) 3位
眞砂 彩花(3年)
土屋 智美(3年) 8位
田中 理那(2年)
【新宮B】
井水 咲希(3年)10位
加藤 榛華(2年)
河野 芽唯(2年)
梶田さくら(2年)
三栖 風花(3年)
阿万佐也奈(2年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る