交通事故撲滅を誓う
紀宝地区交安協が大会
優良運転者の表彰も

photo[3] 紀宝地区交通安全協会は15日、紀宝町鵜殿福祉センターで平成30年度交通安全大会を開いた。「思いやる やさしい心で 走る三重」をスローガンに、参加者らは交通安全への認識を新たにした。優良運転者52人、2学校、1団体への表彰式も実施した。
 出口康一副会長の開会のことばの後、交通被害者に対する黙とうが行われ、参加者全員が起立し祈りをささげた。
 久保正会長は、三重県の平成29年中の交通事故者数は86人で前年に比べ14人減少し、統計が残る昭和29年以降最少となったこと、人身事故、死亡事故も減少していることなどを紹介。一方で、「シートベルトさえ装着していれば助かった事故があった。未装着で34人の尊い命が失われた。その中で装着さえしていれば少なくとも10人は助かっていた」などと訴えた。
 県交通安全協会会長あいさつでは、同協会の岡田知樹総務部副部長が代読。続いて、優良運転者への表彰に移った。来賓を代表して御浜町の大畑覚町長が祝辞を述べ、紀宝署の島田満署長は死亡事故の減少について、「車の性能が向上、道路環境の整備、医療の発達、安全教育が進んだ」と4つの理由を説明し、「安全意識を高める活動をしているのが同協会」とたたえた。
 その後、事務局がスライドを使い、高齢者宅を訪問しての啓発活動や「交通事故に気をつけて!」の一声運動、チャイルドシートの正しい着用法の指導、ハンドルキーパー運動推進モデル店・事業所の指定による飲酒運転根絶などの活動を報告。有城正剛副会長の閉会のことばで終了した。
 ◇  ◇  ◇
 優良運転者として表彰されたのは次の皆さん。敬称略。かっこ内は支部名。
【中部管区警察局長、中部交通安全協会協議会長連名表彰】
 岡下 秋大(相野谷)
【交通栄誉章「緑十字銅章」】
▽交通安全功労者
 通谷 君夫(阿田和)
▽優良運転者
 聖谷 定三(御船)
 木下 壽子(女性部)
【三重県交通安全協会会長・三重県知事三重県警察本部長連名表彰】
▽優良運転者50年
 山口 拒一(御船)
 山風呂貴恵(御船)
 西村志乃婦(御船)
 仲本 忠義(御船)
 田中みどり(鵜殿)
 生駒 吉英(鵜殿)
 西  猪代(井田)
 上前田公子(井田)
 山﨑 好美(阿田和)
 井本 保一(阿田和)
 武和 容子(阿田和)
 小中みさ子(阿田和)
 東   惠(市木)
 檜作 榮久(市木)
 濵口 和典(市木)
 西垣戸寅治(市木)
 南 賀代子(市木)
 小林チヱ子(神志山)
 上ヱ地悟市(神志山)
 大井 弘次(神志山)
 田畑 洋子(尾呂志)
 西畑 元博(尾呂志)
 山本 恵子(尾呂志)
 山田 伸行(尾呂志)
 西浦 康雄(尾呂志)
 堂峯 光孝(入鹿)
 小瀬  功(小栗須)
▽優良運転者40年
 田中 成子(相野谷)
 平野眞喜子(鵜殿)
 下地 時代(鵜殿)
 福田スミ子(鵜殿)
 東 千代治(井田)
 尾﨑美智子(井田)
 岡村 寿美(井田)
 榎本紀美子(市木)
 奥西美智子(神志山)
 上野 節子(神志山)
 中尾 周子(入鹿)
 和田 照惠(小栗須)
 玉浦さちゑ(小栗須)
 田岡 きみ(西山)
【交通安全優良学校】
 尾呂志学園小学校・中学校
【三重県交通安全協会会長・紀宝地区交通安全協会会長・三重県知事・三重県警察本部長連名表彰】
▽優良運転者30年
 稲垣 直彦(鵜殿)
 岸  葉子(鵜殿)
 上家 栄子(鵜殿)
 垣本 弘美(鵜殿)
 山本 佳子(阿田和)
 青木 成明(市木)
 山本 里美(神志山)
【紀宝地区交通安全協会会長・紀宝警察署長連名表彰】
▽交通安全優良団体
 パーク七里御浜株式会社

photo[1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る