ホウ酸だんご作りで交流
いきいきサロンで協力作業
衛生向上に事前の備え

photo[2] 那智勝浦町社会福祉協議会は14日、同町の中里区民会館で、高齢者を対象としたいきいきサロンとして「ホウ酸だんご作り」を行った。15人が参加、談笑しながら材料を練り、ペットボトルのキャップに詰めた。
 いきいきサロンは高齢者の見守りや交流、健康づくりなどを目的に、町内11か所でおよそ月1回、実施している。ホウ酸だんご作りのほか、花見や脳のトレーニング、体操、特殊詐欺講話などを行っている。
 参加者は、みじん切りした玉ねぎをボールに入れ、ホウ酸、小麦粉、砂糖、牛乳を加えて練り合わせた。ペットボトルのキャップに詰め、乾かして完成。互いに近況報告や世間話などを楽しみながら、てきぱきと作業を進めていた。参加した女性らは「初めて参加した。流しの周辺など、出そうなところに仕掛けたい」。「何度か作ったが、よく効く。ひっくり返っているのを見る」などと話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る