商店街 活気あふれる
恒例の消費者感謝デー
趣向凝らした催し

photo[2] 新宮市の仲之町商店街・丹鶴商店街・駅前本通り商店街・谷王子商店会で12日、平成30年度「消費者感謝デー」が開催された。昭和63年から全国で始まった「5月の消費者月間」に合わせ、新宮市でも毎年行われているイベント。商店街では店舗ごとに趣向を凝らしたサービスや商品を提供し、多くの人でにぎわいをみせた。
 同日は、花の苗やお菓子の詰め合わせプレゼントのほか、ぜんざい、スパイシーポテト、ミニソフトクリーム、コロッケ、ドリンク類などが訪れた人に無料で振る舞われた。谷王子商店会では、午前10時からお菓子のつかみ取りが行われ、子どもたちは上手にお菓子を持ち上げては「いっぱい取れた」と笑顔を見せ、それぞれ袋に詰めて持ち帰っていた。
 各店舗では感謝セールも実施されたほか、地域物産展や屋台村、折り紙体験、花のハーバリウム教室、マグロが当たる宝つりゲーム、1万ピースの立体ドミノ倒しなど、バラエティーに富んだ催しで人々を楽しませていた。
 消費者月間は、消費者と事業者、行政が一体となって消費者問題に関する教育や啓発の事業を集中的に行う機会としている。本年度の全国の統一テーマは『ともに築こう 豊かな消費社会〜誰一人取り残さない〜』。この日は朝から多くの常連客や親子連れが訪れたほか、外国人観光客の姿も目立ち、商店街は活気に包まれていた。

photo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る