地域医療は対話が大切
講師の2人
救急の役割も伝える

photo[4] 紀南医師会は10日、熊野市保健福祉センターで紀南地域の「医療現場からの想い」を開いた。紀南病院医師の奥野正孝さんと、紀和診療所の所長・濱口政也さんが「医師である私たちから伝えたいこと」をテーマに講演。約80人の来場者は熱心に耳を傾けた。
 濱口さんは自身の経歴について、「2人の和尚」に出会ったことが地域医療を学ぶきっかけになったと紹介。高知大学医学部家庭医療講座で研修をしている時に「阿波谷敏英先生に出会ったこと、その阿波谷先生の師匠である奥野先生が紀南病院に勤務されていたので、この地に来ました」と説明した。
 印象に残っている教えとして「阿波谷先生は相談をしても本を読めとは言わない、『聞いてくればいい』と言う。漁師さんや八百屋のおじさん、いろんな人と付き合い、時には酒を酌み交わし、意見を聞いた。ある日、八百屋のおじさんが『お前いい勉強しているじゃないか』と言ってくれた。『これかな』と思った」と当時を振り返った。「和尚」と呼ぶのは「問答しながら導いてくれるから」と説明。奥野さんにも「自分で考えて動きなさい」と教えられた。
 「地域医療は医師ではなく、住民が育てることだと気付いた」、「へき地は医者をすてきにする」、「医者は話しにくいと思われている。こうやって皆さんと話せることがありがたい。対話する機会を増やしていければ」と医師と患者の関係性を訴えた。
 奥野さんは「患者さんから話しやすい存在にならなければ」と述べ、「患者本人の性格や家族のことなどを話してもらえれば、医師にとっても診察がしやすくなる」と濱口さん同様、両者の関係性について考えを示した。
 2人は救急医療の役割についても言及。「今日死ぬかもしれない患者の命を明日につなぐのが救急医療。風邪などで来院の場合はどうしても後回しになる」などと注意を促した。
 救急医療の利用法について「この地域の人たちは、規則正しくとてもいい生活をしている。だから身体の変化が分かるはず。調子がいつもと違うと思った時は救急医療を使う。これはアカンと思うほど調子が悪い時は救急車を呼んでください」と強調した。
 奥野さんは、安定した地域医療を継続するためには、長くこの地にとどまる医師のみでは不十分で、10年後には先進の医療から遅れることになると警鐘。地域の実情が分かった医師と先進医療を学んだ医師とがチームで診ていくことが大事になると提言した。

photo[3]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る