「生まれて初めて釣った」
新宮港で74センチのヒラメ
新宮市徐福の平野さん

photo[3] 新宮市徐福在住の平野みほさんは10日、新宮港で体長74センチ、重さ4・7キロのヒラメを釣り上げた。狙った獲物とは違ったが、人生初の釣果に喜びの表情を浮かべていた。
 この日、平野さんはアオリイカ狙いで釣りに出掛け、アジをエサに2号のハリスで浮き釣りをしていたところ、すさまじい力に竿(さお)が持っていかれたという。タモ(網)で竿をすくい上げるとまだ強く引いており、近くにいた釣り人たちに協力してもらいながら釣り上げた。
 巨大なヒラメに平野さんは自身のクーラーボックスには到底入らないと心配するほど。「生まれて初めてヒラメを釣った。すごく重くてびっくりした。皆さんに助けてもらった。イカ釣りに来て、こんな大物が釣れるとは思いもしなかった。うれしい。まだドキドキしている」とコメント。
 釣り好きで船釣り専門の夫・忠夫さんの影響で釣りをはじめた平野さん。現在、釣歴40年のベテラン。夫婦で市内徐福のホテル光洋インを営んでおり、仕事の合間を見て釣りに出掛けている。平野さんは「商売をしているので普段は忙しく、いろいろ考えごとも多いが、釣りをしているときは無になれる。ストレスもなくなるので本当に釣りが大好き」と語った。1か月ぶりの釣りで掛かった大物に興奮が冷めやらない様子の平野さんは「今からもう一度行ってきます」と笑顔で語った。ヒラメはホテルの食事で出す予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る