大学生にグランプリ
インスタグラムで魅力発信

photo インターネットの画像投稿サイト「インスタグラム」を活用して、「新宮のよいところ」の発信強化を進める「#新宮スタで新宮を盛り上げる会」は、新宮城址をテーマにしたフォトコンテストの審査結果を発表した。150点余りの作品が投稿され、グランプリには大阪市在住の「masaton1215」さん(20代、男性)の作品が選ばれた。
 今年の城の日(4月6日)に、新宮城址が「続日本100名城」に選ばれたことから企画。7月26日から8月31日まで受け付けた。
 グランプリの作品は、城跡にある建物を全景に夜空を撮影したもの。建物の白い壁に木の葉の影が写っているほか、夜空もまちの明かりのある側から人工の光が届かない場所まで濃淡があり、右上に光の軌跡が見える。
 事務局によるとグランプリ受賞者は新宮出身の大学生。男性は事務局を通じ「グランプリをいただき大変光栄。本当に素晴らしい企画と思った。今後も新宮の写真を撮って、新宮を盛り上げたい」とコメントした。2位の優秀賞は、新宮市の男性の、夜桜を映した遠景の写真が選ばれた。
 里中陽互理事長は「インスタグラム自体、若い利用者が多い。地元の若い人に新宮を発信してほしいし、インスタを通して地域のよさを見つめるきっかけにしてほしい」と語った。投稿数が伸び悩んだことについては「テーマを絞りすぎていたほか、期間が短かったため」と分析した。
 同会は、来年2月28日(水)まで、第2段として「#新宮の冬」をテーマに作品を募っている。インスタグラムの公式アプリをダウンロードし、「@shingusta」をフォローした上で、写真に目印となるハッシュタグ「#新宮スタ」「#新宮の冬」の2つを付けて投稿する。自身が撮影した未発表の作品に限る。過去に撮影したものでもよい。
 グランプリ1人に商品券1万円分、優秀賞1人に5000円分、入賞者には同会理事メンバーから賞品が贈られる。問い合わせは事務局の新宮商工会議所(電話0735・22・5144)。

photo[4]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

社説

  1. editorial-5-300x220

印刷各種承り中

新聞広告ガイド

ページ上部へ戻る