園児が「火の用心」啓発
元気な声で誓いの言葉

【ワイド気味2段】防火パレード[1] 9日から15日まで行われる秋の全国火災予防運動にともない田辺市本宮町で10日、防火パレードが行われた。毎年春秋に実施している。午前中はたんぽぽ保育園幼年消防クラブの2歳から6歳までの園児28人が参加。本宮・湯の峰地内で「火の用心」を呼び掛けた。
 園児らは田辺消防署本宮分署から出発。そろいの法被に豆絞りの鉢巻姿で太鼓や拍子木を打ちながら、まとい持ちを先頭にパレードを行った。
 途中の本宮行政局などで「ぼくたち、私たちは、幼年消防クラブです。火遊びは絶対しません。避難訓練の時はしっかりします。皆さんタバコの火は大丈夫ですか。コンロの火は大丈夫ですか。火を使う時は、気をつけて下さいね」と、元気な声で誓いの言葉を言った。町民らに見守られ、行く先々で火災予防啓発の手描きポスターを手渡した。
 園児の中岸華琉さん(6)は「楽しかった。みんなに火の用心と言えてよかった」と話していた。午後はひまわり保育園幼年消防クラブが伏拝地内で、道の駅奥熊野古道ほんぐうから市立三里小学校まで防火パレードを行った。
 12日には高山地内で本宮支団女性消防団員が火災予防啓発運動を行う予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る