利用客増へ積極姿勢
県・JRと連携
紀勢本線活性化促進協

photo[3] 和歌山県内の紀勢本線沿線自治体の長らで構成する「紀勢本線活性化促進協議会」の平成29年度総会が5日、那智勝浦町体育文化会館で開かれた。席上、JR西日本和歌山支社から特急くろしお号の現状について報告があり、白浜〜串本間に限れば、平成28年の利用者数が紀伊半島大水害による那智勝浦町内での橋脚流出で3か月間運行できなかった23年を下回った。
 くろしお号の一日平均の利用者数は、いずれも平成28年の実績で、天王寺〜和歌山間が6702人、和歌山〜箕島間が4493人、白浜〜串本間が991人(23年は1024人)。16年を100とする利用指数で見ると、28年は天王寺〜和歌山間が98%、和歌山〜箕島間が76%なのに対し、白浜〜串本間は55%まで落ち込んだ。
 JR西日本執行役員で同支社の伊藤義彦支社長は主な要因について、人口減少と高速道路南伸など道路網の整備を挙げ、「交通事業者にとっては厳しい状況が続いているが、和歌山県内の紀勢本線と沿線が活性化していくよう、皆さんと一緒になって取り組んでいくので、引き続き協力をお願いしたい」と呼び掛けた。
 総会議事では、本年度も関係機関との連絡調整や要望活動を行うとともに、情報収集・調査研究活動にも努めることを確認した。併せて、くろしお号をはじめ鉄道利用者が減少していることを踏まえ、会員市町村最寄り駅からの利用者を少しでも増加させることを目的に、独自の取り組みを行うことを申し合わせた。
 内容としては、広報紙を活用して啓発に努めたり、催しなどへの来場案内の際に公共交通機関を積極的に利用するよう呼び掛けたりする。ほか、職員の出張等に伴う利用交通手段として、可能な限りJRを利用する、としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のニュース

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る