アーカイブ:2019年 2月 07日

  • ごとびき岩を炎が照らす
    約1700人 願いを松明に込め

     新宮に春を呼ぶといわれる、国重要無形民俗文化財指定の伝統の祭典「お燈祭り」が6日夜、新宮市の神倉神社で執り行われた。白装束を荒縄で締めた祈願者の上り子(のぼりこ/あがりこ)1703人が神倉山に上り、山頂境内の祠(ほこら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る