アーカイブ:2018年 2月 10日

  • photo[5]

    道の駅なちにカンザクラ
    利用客が大勢観賞

     那智勝浦町浜の宮にある道の駅「なち」の中心に植えられている「カンザクラ」が、現在、見ごろを迎えており、ひと足早く春の訪れを告げている。那智駅交流センターの職員によると、天候にもよるがもう1週間ほど開花した状態が見られる…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[2]

    寒さに勝ち記録競う
    校区走って地域と交流

     紀宝町立相野谷中学校は9日、駅伝大会を行った。生徒同士の絆を深めるほか、冬の寒さに打ち勝つ体力作りの一環として毎年行われている。  全校生徒が縦割り男女混合7人1組の3チーム(7区間)と、4人ひと組の1チームで、上桐…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 経済活性化へ積極姿勢
    新年度当初予算案
    熊野市

     熊野市は9日、平成30年度当初予算案を発表した。一般会計は歳入歳出それぞれ124億5330万5000円で対前年度比1・6%減だが、同22年度から9年連続で120億円を超える積極予算となった。第2次総合計画の初年度にあた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[6]

    「若い世代で未来を明るく」
    次年度会長に瀬古伸一郎さん
    新宮商工会議所青年部

     新宮商工会議所青年部の平成29年度臨時総会が9日夜、新宮市井の沢の同会議所で開かれた。同30年度役員選任の件について審議し、会長に瀬古伸一郎さんが選ばれた。また、昨年創立30周年記念事業で企画した「熊野川きらきら清流ま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    祭りに臨む気持ち 重視を

     神倉神社の例大祭「お燈祭り」が6日、執り行われた。今年は火曜日だったこともあってか、祈願者の上り子(のぼりこ/あがりこ)の人数は1761人と例年より少なめ。近年ではなかった寒さの中で、比較的静かに祭りが進んだ。 荒々…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo

    松岡地神社で例祭
    地域の平穏、無事願う

     紀宝町大里の松岡地神社で9日、平成30年度の例祭が営まれた。新宮市の阿須賀神社の西俊行宮司が神事を行い、地元住民や新宮市、御浜町などから15人の参列者が集まり、昨年創建した神社で今年1年の平穏無事などを祈願した。  …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る