アーカイブ:2018年 2月 07日

  • photo[2]

    歴史刻む一歩
    御神火授かり勇壮に

     新宮に春を呼ぶと言われる伝統の祭典「お燈祭り」が6日夜、執り行われた。白装束を荒縄で締めた祈願者の上り子(のぼりこ/あがりこ)1761人が神倉山に上り、山頂境内の祠(ほこら)で古式にのっとって鑽(き)り出された御神火を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[4]

    解消に向け何ができるか
    人権の視点、改めて考える

     紀宝町生涯学習センターまなびの郷で6日、平成29年度人権トップセミナーが市町長、幹部職員を対象に行われた。  今回は「『部落差別解消推進法』の制定と今後の課題」を演題に、一般社団法人部落解放・人権研究所名誉理事の友永…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo

    山頂から麓まできれいに
    祭り翌日、協力して清掃

     新宮市の神倉神社で行われたお燈祭りの後片付けが7日に行われた。清掃参加者は山頂に散らばった縄や松明(たいまつ)の破片やハナ、ほどけたわらじなどをかき集め、袋に詰めて山を降りた。  後片付けはこれまで市シルバー人材セン…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[3]

    下里神社の「弓引き行事」
    中学生6人が練習スタート
    11日に祭礼

     那智勝浦町の下里神社で11日(日)午前10時30分から「お弓祭」が営まれ、山本貞夫宮司による神事、下里中学校の男子生徒8人による「お弓行事」、下里剣友会による「剣道形奉納」が行われる。本番を前に5日、同神社境内で弓引き…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IMG_8427

    お燈祭り【 平成30年2月6日斎行】

    [caption id="" align="alignleft" width="1024"] 平成30年2月6日、お燈祭りの様子【新宮市】[/caption]…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る