アーカイブ:2017年 10月

  • photo

    良好な状態に維持しておく
    空き家 適正管理が重要性

     和歌山県は10月29日、新宮市役所6階で空き家所有者を対象とした空き家活用・適正管理セミナーと相談会を開いた。参加者らは、空き家の適正管理の必要性や放置することのリスク、流通方法などを専門的に学んだ。  はじめに寺川…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[2]

    静かで落ち着いた世界に
    希望込め「戊戌」の絵を描く

     熊野那智大社で、来年の干支(えと)の戊戌(つちのえいぬ)をモチーフにした干支色紙の制作が行われている。本社斎館で男成洋三宮司や巫女(みこ)らが作業を進めている。制作は9月からスタートし、今月末ごろをめどに計1400枚を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[3]

    ストローの家で耐震学ぶ
    児童 模型を作って体感

     紀宝町立成川小学校で27日、ストローとクリップで作った家の模型で耐震の仕組みを学ぶ「ストローハウスを作ろう」の授業があった。4〜6年生合わせて31人が受講。自由な発想の模型作りを楽しみながら、地震に強い家の構造を学んだ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[1]

    青年会議所の魅力伝える
    ゲスト迎え意見交換
    新宮と熊野

     一般社団法人新宮青年会議所(新宮JC)と一般社団法人熊野青年会議所(熊野JC)の合同例会が10月27日、紀宝町鵜殿の町生涯学習センターまなびの郷であった。  両会議所は年に一度、合同例会を開いて会員同士の交流を深めて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[5]

    「みはま」商工会が会合
    4県から参加 意見を交換

     4県の「みはま町」の商工会が集まって情報交換する、「第17回MIHAMA商工会サミット」が27日、御浜町役場であった。68人が参加。各会が近況を報告したほか、意見の交換を行った。  三重県のみえ熊野古道商工会御浜支所…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo

    台風被災の事業所視察
    支援策を打ち出す
    世耕大臣

     台風21号で被害を受けた中小企業や小規模事業主らの現状を把握して支援策を打ち出すため、世耕弘成経済産業大臣(和歌山県選挙区選出参議院議員)は28日、和歌山県に入り、新宮市や那智勝浦町の被災現場で事業主らの声を聞き取った…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[1]

    尊厳ある生命支える
    なぎ看護学校で宣誓式

     和歌山県立なぎ看護学校の29年度看護宣誓式が27日午後、新宮市蜂伏の同校体育館で開かれ、1年生39人(男子13人、女子26人)が胸にコサージュをつけて式に臨んだ。  4月に看護師を目指して入学した学生が、専門的な知識…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[2]

    仮装で地域盛り上げ
    雨でも多数来場しにぎわう

     仲之町商店街振興組合ハロウィーン実行委員会(山哲也実行委員長)は28日、新宮市の仲之町商店街で「仲之町ハロウィーン2017」を行った。雨にも関わらず、商店街アーケード内にはさまざまな衣装に身を包み、仮装を楽しむ来場者た…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[5]

    仮装しダンスやゲーム
    ハロウィーンで催し

     新宮市にある新木保育園で26日、ハロウィーンパーティーが行われた。園児や参観していた保護者はさまざまな仮装をしてスプーンリレーや当たったパネルの絵を英語で読むストラックアウトに似たミニゲームを行った。  アニメや映画…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo

    本に恋する季節
    読書週間始まる

     第71回読書週間が27日から始まっている。11月9日(木)まで。今年のテーマは「秋の読書週間〜本に恋する季節です」。新宮市立図書館など紀南地方の図書館でも企画展示などを行っている。  新宮市立図書館では1階カウンター…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る