アーカイブ:2017年 9月 05日

  • photo[1]

    「非常食を食べる練習に」
    災害振り返り防災給食
    神倉小

     新宮市立神倉小学校で4日、防災給食が実施された。メニューは温めずに食べることができる「救給カレー」などが並んだ。542人の児童は普段とは違う給食にとまどうことなく、おいしそうにたいらげ、児童は食事をしながら防災について…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[5]

    伝統の祭りへ奉仕の心で
    例大祭控え事故防止協議会
    熊野速玉大社

     国指定重要無形民俗文化財に指定されている熊野速玉大社例大祭(10月15日・16日)を控え、同大社は4日夜、祭典関係者を集めての事故防止協議会を開催した。  毎年この時期に開いており、神馬渡御式(しんめとぎょしき)、神…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[2]

    小学生も参加、意識高く
    熊野市で総合防災訓練

     熊野市総合防災訓練が「防災の日」に合わせ、市立井戸小学校グラウンドを主会場に行われた。市と市内の各自主防災会が主催し、警察や消防が協力。市内全域で子どもから大人まで約1000人が参加し、豪雨や地震など自然災害への備える…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[6]

    医療関係者と地域が連携
    紀南医師会の取り組み紹介

     東牟婁郡医師会による救急講演会「南海・東南海地震と津波への備え〜パニックにならない為に〜」が2日、那智勝浦町体育文化会館であった。紀南医師会救急担当理事である寺本クリニック(三重県紀宝町)の寺本泰院長が「三重県南紀州の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る