アーカイブ:2017年 8月 15日

  • photo[7]

    平和や命の大切さを共有
    黙とうささげ冥福を祈る
    新宮市で戦没者慰霊祭

     太平洋戦争が終結し、今年で72年。終戦の日である15日、新宮市遺族会は熊野速玉大社神宝館横の忠魂碑前で「平成29年度新宮市戦没者慰霊祭」を斎行(さいこう)した。西義弘会長をはじめ遺族会の会員や来賓など約40人が出席し、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[6]

    「元気でね」 手を振り無事祈る

     紀宝町のウミガメ公園は13日、ウミガメ放流会を井田海岸で行った。集まった参加者らは懸命に海へと向かうアオウミガメのユリッキーに声援を送り、今後の無事を祈った。  ユリッキーは昨年、漁師の網にかかっていた個体で、同園が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[5]

    新宮—向陽の伝統校対戦
    平和の大切さ噛みしめプレー

     和歌山県立新宮高校と向陽高校の硬式野球部による伝統校交流戦が11日、新宮市佐野のくろしおスタジアムで行われた。新チームになった2年生と1年生が、偉大な先輩をしのびつつ、平和の大切さを噛みしめ試合に臨んだ。  向陽の前…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[8]

    古式捕鯨再現や盛大な花火
    太地町の盆行事に大勢の人

     太地町の太地漁港で14日、夕方から夜にかけて「勇魚(いさな)祭」や花火大会、柱松などの盆行事が開かれ、大勢の人でにぎわった。  勇魚祭は400年以上前の網掛け突き捕り捕鯨法を再現したもので、勇魚はクジラの総称。慶長1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • photo[1]

    鮎のつかみ取りに約300人
    今年も小口地区が活気に湧く

     新宮市熊野川町で恒例の「小口夏祭り」が14日、小口自然の家周辺で開かれた。地域活性化に取り組む小口文化振興会議が主催。人気の「鮎のつかみどり大会」に子どもたちが熱狂。地域のダンスチーム「Team雅龍」「ラッキークローバ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る