アーカイブ:2017年 2月 15日

  • 大勢が耳を傾けた

    自給と好きなことで社会貢献
    半農半Xの考え紹介
    農村移住フォーラム

     三重県は13日、「農村移住フォーラム」を三重県熊野庁舎で行った。基調講演では半農半X研究所代表である塩見直紀さんが「半農半X観点から見る農村移住の動向と効果」をテーマに講演。また、実際に移住し活動している人から事例紹介…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 紙芝居に見入る中学生

    1300年続くつながり
    唐桑との交流の歴史学ぶ
    中学生

     新宮市立光洋中学校で14日、1年生と2年生合わせて138人を対象にした「唐桑ものがたり講演会」が開かれた。唐桑大漁唄込復活推進実行委員会の戸羽芳文事務局長が自作の紙芝居で宮城県気仙沼市唐桑町と新宮市三輪崎のつながりの歴…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高見澤選手ユニフォーム

    日本代表のブレザー展示
    高見澤選手が提供
    紀宝町

     紀宝町役場玄関ホールで28日まで、同町初のオリンピック選手である高見澤安珠選手のリオ五輪日本選手団開会式用ユニフォームを展示している。ユニフォーム以外に直筆のサインなども並び、来庁者が足を止め、眺めている。  高見澤…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 作品を鑑賞する親子

    力強い書が並ぶ
    地域の優秀作を展示

     第68回和歌山県書初め会新宮・東牟婁地方金賞作品展が11、12の両日、那智勝浦町二河の同町教育センターで開かれた。多くの出品者と家族が来場し、作品を鑑賞した。  書初め会に提出された作品は硬筆が約2500点でそのうち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 形の演武を披露した下里剣友会の皆さん

    災厄を封じ込め、矢で払う
    下里神社 五穀豊穣や疫病退散願う
    中心射ぬくと大きな拍手

     那智勝浦町下里の下里神社で11日、「御弓祭り」が執り行われた。悪魔・疫病を封じ込めた的に、下里中の男子生徒6人が射手となり矢を放ち、五穀豊穣や大漁祈願、疫病退散を祈った。  もともとは旧正月11日に行われていた行事。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞広告ガイド

ご購読案内

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る