アーカイブ:2017年 2月 08日

  • 「市長選で誰に投票」
    3人の名前挙げ意向調査の電話
    新宮市内 瀬踏み行為か

     任期満了に伴い今年秋に行われる新宮市長選挙。現職を含め、現時点で正式に立候補を表明している人はいないが、市内では先月、「市長選で誰に投票しますか」などと具体的な3人の名前を挙げて市民の意向を問う電話があった。  市選…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 災厄滅徐を祈願する田代大導師(左)と平見院主

    30回目の奉祝翌日祭
    大護摩供で災厄除けを祈願

     新宮市横町の金峯山(きんぷせん)修験本宗・宗教法人飛竜山神州院(ひりゅうざんじんしゅういん)は7日に神倉神社で、毎年恒例で30回目となる「お燈祭り奉祝翌日祭」を営んだ。護摩祈祷(きとう)の「大峯秘法採灯(さいとう)大護…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大勢が訪れ体験や相談を行った

    薬局の役割に理解深める
    調剤体験や健康チェックなど

     「薬剤師による健康フェスタin那智勝浦」が5日、那智勝浦町福祉健康センターで行われた。新宮薬剤師会、一般社団法人和歌山県薬剤師会が実施。新宮・東牟婁地方では2回目で、雨の中約200人が来場。薬局の仕事や薬について理解を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 講演する上野さん

    補陀落渡海に影響を受ける
    めずらしい儀礼や風習を学ぶ

     東紀州地域振興公社の「みえ熊野学巡回講座」が5日、熊野市文化交流センターであった。「死者は補陀落へと旅立つ〜各地の埋葬儀礼〜」をテーマに、同市教育委員会の熊野市民大学の講座を兼ねて行った講演会で、80人余りが熊野地域に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 感謝の気持ちを込め似顔絵を描く児童

    「ありがとう」を伝える
    6年生の似顔絵描く
    20年以上続く伝統行事

     新宮市立熊野川小学校で6日、6年生12人の似顔絵を5年生以下の児童38人が描くクロッキー集会が開かれた。班ごとにモデルの6年生を囲み、絵を描いていった。  20年以上続けられている行事。毎年6年生へ感謝の気持ちをこめ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial

新聞広告ガイド

印刷各種承り中

ページ上部へ戻る