アーカイブ:2017年 2月

  • 地区の現状などを話し合う

    避難路の事業化に喜び
    地区の課題で意見交換
    王子地区をむすぶ会

     王子地区の区民団体を中心に組織する「王子地区をむすぶ会」の定例会が2月27日夜、新宮市福祉センターであった。会員ら20人が出席。田岡実千年市長から同地区で懸案となっている避難路拡幅工事について「2年後の完成を目指したい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 個性豊かな絵や立体作品が並ぶ

    自由な想像力に触れる
    石垣記念館で8日まで
    アールブリュット和歌山展

     太地町立石垣記念館で現在、「第2回アールブリュット和歌山展~魂のであうところ」(主催=社会福祉法人和歌山県福祉事業団)が開催されている。障害者施設の利用者の作品展で、東牟婁地域での実施は初めて。会期は8日(水)まで。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 奥駈道に続くルートで道普請にはげむ語り部有志

    奥駈道へ続くルート
    熊野本宮語り部の会が道普請

     田辺市本宮町の熊野本宮語り部の会は2月22日、同町の下向から大峯奥駈道の吹越宿まで約1キロにわたり、作業道や里道の道普請を行った。この日は同会有志8人が参加。熊手、鎌、刈り払い機、チェーンソーなどを使い、約5時間、草刈…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 茶がゆ作りに挑戦

    郷土の伝統料理「茶がゆ」
    楽しく調理法学び実践

     新宮うまいもん見っけ実行委員会による、郷土料理「茶がゆ」料理教室が2月27日、新宮市保健センターで開かれた。16人が、講師の仮屋静子さん(かりや料理学校)から伝統の味の作り方を学び、調理して試食した。  茶がゆは、親…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 一般会計は64億円余り
    紀宝町議会が開会 26議案など予定

     紀宝町議会の平成29年第1回定例会が2月28日、開会した。会期は2月28日から3月31日までの32日間で行われる。新年度の一般会計予算案は歳入歳出64億3537万4000円。前年度と比較し3億5256万9000円(5・…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小船梅林(熊野市紀和町)

    小船梅林【熊野市紀和町】

    2017年2月撮影…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 給水訓練をする住民ら

    合同で災害に備える
    避難や給水 準備の大切さ確認
    三佐木・蜂伏

     新宮市の三輪崎、佐野、木ノ川、蜂伏の4地区で26日、津波避難訓練が実施された。発生が予想される南海トラフ地震の被害を想定して、多くの住民が避難時の行動を実践し、今後の対策を進めた。  市の防災行政無線を用いて4地区が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 目当ての料理を取り分ける

    おいしい料理と会話に笑顔
    住民の外出促し交流図る
    熊野川町

     地域住民が家の外に出て交流し合える場を作ろうと、新宮市熊野川町の農業従事者らによる地域活性化団体「みつの地域活性化協議会」は25日、同町の熊野川温泉さつきで地域の食材を使った料理を提供する「熊野川バイキング」を催した。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 天満天神社の餅まき

    獅子舞や弓行事に沸く
    天満天神社で例大祭

     那智勝浦町の天満天神社で26日、例大祭が斎行(さいこう)された。快晴となり、多くの町民が来訪。獅子舞奉納や弓行事、餅まきなどが行われた。  正午から神事が進められ、午後2時ごろには裃(かみしも)姿の神社役員や弓行事の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • つれもてまつり

    「福祉の輪 広がるように」
    つれもてまつり
    老若男女で盛況

     紀宝町鵜殿の福祉センターで26日、「第11回つれもてまつり」(社協つれもてまつり実行委員会主催、紀宝町・町社会福祉協議会共催)が開催された。地元企業を中心に30社が協賛し、ボランティアには約360人がスタッフとして参加…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る