カテゴリー:社説

  • editorial

    医療充実へ安定経営必要

     和歌山県は昨年5月、地域医療構想を策定し、医療機能別に将来(2025年)の必要病床数と目指すべき医療提供体制を示した。  県の推計では、2025年の県内総人口は約87万人に減少する一方、65歳以上人口は2020年ごろ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    おもてなし機運 高揚を

     夏休みに入り、観光客が増える時期を迎えた。これから、旧盆期にかけて帰省客も含め、紀南地域への来訪者が増える。夏だからできるプログラムも多い。訪れた人には、存分に地域を満喫してもらい、リピーターや宣伝マンになってほしいと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    主催者は?現状では自己責任

     イベントの運営で最も配慮すべきことは来場者の安全確保。どれほど盛況だったとしても、事故が起きれば台無しになる。主催者は義務として強く意識しなければならない。  今月7日、新宮市の熊野川河川敷で行われた七夕行事は、大勢…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    イベント 人員計画適切に

     行政が主催の数多くのイベントが行われている。夏なら花火、秋から春先にかけては地域の「まつり」やマラソンをはじめとしたスポーツイベントが盛んになる。日曜日や祝日、あるいは夜間に行われる催しも多い。担当する職員は当然、業務…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    机上より現場学習が重要

     多くの自治体が教育の柱の一つに「ふるさと学習」を掲げている。さまざまな取り組みが考えられるが、机上の学習に加え、現場学習を取り入れることで子どもらの興味・関心は高まり、伝統芸能のPRなど地域にとってのメリットもある。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    発信強化で詐欺被害防げ

     いわゆるオレオレ詐欺や還付金詐欺など、特殊詐欺の被害が後を絶たない。5月末現在、和歌山県では件数、被害金額とも昨年同期比で増加、三重県では被害額は減少しているものの件数は増加。引き続き、警戒が必要な状況にある。警察や県…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    危険箇所の安全対策急げ

     和歌山、三重両県の高速道路事情はここ数年で大きく前進。これまで他地方に比べて遅れていたが、伊勢神宮式年遷宮や紀の国わかやま国体を契機にスピードアップした。地元では、新宮紀宝道路やすさみ串本道路など、事業化された区間の早…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    水道事業 広報充実図るべき

     6月1日から7日までは水道週間だった。6月を「水道ふれあい月間」として啓発行事などに取り組んでいる自治体もある。「蛇口をひねれば、すぐに飲める水が出る」が、過去に整備した浄水・配水のための設備が更新時期を迎えたり、耐震…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    行政備蓄 廃棄ロス減らせ

     近畿・東海地方ともに梅雨入りした。6月は土砂災害防止月間で、台風シーズンも控えており、いま一度、浸水や河川の氾濫、土砂災害などに備える意識を持ちたい。  地震と違い大雨災害は、事前にある程度の情報が手に入る。警報・特…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial

    縦割り行政の弊害なのか?

     地元では毎月、かなりのイベント・催しが行われている。スポーツの大会や、福祉や健康づくりなどに関する講話、地域おこし、商店街活性化など内容は幅広い。民間団体が独自に行っているもの、自治体が主催しているもの、そして、運営は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る