カテゴリー:社説

  • editorial-5-300x220

    暮らしやすさ、第一に

     新宮市の第2次総合計画の基本計画案がこのほど、田岡実千年市長に答申された。総合計画は今後10年間のまちづくりの基本になる最上位計画。めざすべき都市像を「人とまちが輝き、『未来』へつなぐまち新宮市」としている。  第1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    住警器の電池、大丈夫?

     那智勝浦町市屋で16日に発生した住宅火災では、焼け跡から1人の遺体が見つかった。暖房器具を使用する冬季は火災が多発する時期でもある。空気も乾燥していることから火の回りが早く恐ろしい。  まきや石油ストーブが当たり前だ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    祭りに臨む気持ち 重視を

     神倉神社の例大祭「お燈祭り」が6日、執り行われた。今年は火曜日だったこともあってか、祈願者の上り子(のぼりこ/あがりこ)の人数は1761人と例年より少なめ。近年ではなかった寒さの中で、比較的静かに祭りが進んだ。 荒々…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    真価問われる 4期目町政

     4期目の町政運営をスタートさせた紀宝町の西田健町長。旧鵜殿村から通算すると6期目の長期政権となる。自身の政治活動の集大成とも位置付ける「新宮紀宝道路」の早期開通に向け、国への予算要求等に全力を注ぐ考えを示している。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    脆弱な道路環境、改善を

     24日午後、新熊野大橋上で発生した車5台がからむ交通事故は、新宮市周辺の道路交通事情のもろさを露呈する事故となった。国道42号が渋滞。その影響で市街地から国道に出ることができず、各所で流れが悪くなった。  新宮側から…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    市民の理解得られる施設に

     「西側に4階建て1棟」。新宮市が旧丹鶴小学校跡地に建設を計画する文化複合施設について先日、基本設計案を発表した。重要遺跡が見つかって以降、施設の配置と遺跡の保存方法について市当局と市議会で議論が続いていた。その中では、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    誘導看板 充実が急務

     津波が発生した場合に逃げ込む「指定緊急避難場所」。総務省近畿管区行政評価局が、和歌山県、大阪府、兵庫県の全114市町村のうち58市町で調査したところ、案内誘導表示に課題があることが分かった。  「指定緊急避難場所」は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    “勝ち組”へ成功例に習え

     人口減少、若者の流出が続く当地方で、これまで地域をリードしてきた農林水産業に加えて観光産業がこれから柱の一つに成長しなければ、地域全体の浮上は見込めない。外貨獲得は必須で、これは人口減少に悩む全国どの地方都市でも同じ。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    若手の連携がつくる活性化

     10日の日曜日、新宮市佐野のスーパーセンターオークワ南紀店の駐車場で、「熊野ええもん祭り」が行われた。新宮商工会議所、熊野商工会議所と南紀くろしお商工会、北山村商工会、紀宝町商工会、みえ熊野古道商工会の青年部の連合組織…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    郷土教育の充実願う

     新宮市立三輪崎小学校の子どもたちが先日、世界遺産熊野本宮館を訪れ世界遺産や熊野古道について学習した。学校の周辺を離れた取り組みという点で注目に値する。  地域の歴史や自然、文化、偉大な先人について学ぶ郷土教育。平成1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る