カテゴリー:社説

  • editorial-5-300x220

    林業復活へブランド力強化

     当地方の歴史を振り返るとき、いたるところで第一次産業の隆盛を見ることになる。今回はこのうちの林業に焦点を当てる。北山村から筏(いかだ)で熊野川の流れに任せて木材を運び、河口部の新宮市池田港あたりにある貯木場では、最盛期…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    子どもの安全 最優先に

     大阪府北部を震源とする震度6弱の地震で、同府高槻市立小学校のブロック塀が倒れて登校中の女子児童が死亡した事故を受け、文部科学省は全国の小中学校に危険なブロック塀がないかどうか緊急点検を行うよう要請した。和歌山県教育委員…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    住民への周知 力注いで

     那智勝浦町の勝浦漁港内に23日(土)、「勝浦漁港にぎわい市場」がオープンする。これまで同所では「にぎわい広場朝市」として毎週1回、日曜日に開設していたが、これを常設する形。同町の多彩な資源を活用し、観光と地元特産品等の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    市民と顔の見える関係に

     新宮市の田岡実千年市長は過日の市議会特別委員会で、文化複合施設建設にかかる整備事業費が当初より3億5702万円増の58億5702万円とする、最終の基本設計案を示し、2020年度末の完成に向け実施設計に着手することを宣言…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    市役所駐車場 あり方再考を

     新宮市役所西側駐車場の一部払い下げ(売却)に関する陳情が近くの医療機関から市議会に提出され審議が続いている。先日の市議会総務建設委員会では、早く採択して市長に判断を委ねるべきと主張する委員と、公共用地の売却やその方法に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    長期ビジョン、常に示せ

     前町長の病気辞職に伴う那智勝浦町長選挙で無投票当選した堀順一郎町長が21日、初登庁した。  今回の立候補にあたっては、その人柄と経験から白羽の矢が立った。町議会も全員が支持にまわったことで対抗馬が出ることなく無投票当…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    歯と口の健康、重要視を

     虫歯の予防や早期治療などを呼び掛ける「歯と口の健康週間」が今年も6月4日(月)〜10日(日)に行われる。本紙エリアでも歯科医師会などが中心となり、毎年この期間中を中心にさまざまな啓発事業を実施している。  歯の健康は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    高い土産需要 好機逃すな

     新宮港へのクルーズ客船入港が好調だ。特に外国客船の入港が続いており、12日(土)には、大型外国客船「コスタ・ネオロマンチカ」が先月27日に続いて入港する。日本の飛鳥Ⅱを上回る大きさで、その姿はまさに洋上に浮かぶホテル。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    未来は自分たちの手で

     産業政策としての観光を考えてみる。近年、単なる観光から参加型観光へと、団体旅行から個人旅行へと旅行の形態は移行している。旧態依然の待ちの姿勢では交流人口を稼ぐことはできない。  2040年には地方、われわれが住む紀南…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • editorial-5-300x220

    地域で高齢者の定義を

     先日、神奈川県大和市が「70歳代を高齢者と言わない都市」を宣言した。今後、市の施策や広報紙などでなるべく「高齢者」という言葉を使わないようにする。法律や条例などの対象者や運用は変更しないという。  少子高齢化が進展し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

  1. editorial-5-300x220

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る