カテゴリー:ニュース

  • オープン前に内覧会
    新拠点として期待高まる
    旧チャップマン邸

     新宮市の名誉市民で建築家だった西村伊作が設計、大正15年に完成した住宅「旧チャップマン邸内覧会」が7日、同所であった。市は同所を観光交流拠点としており、改修・耐震補強工事をこのほど完了。19日(金)のオープンに向け実施…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 期待に胸膨らませて
    紀南高校で入学式

     三重県立紀南高校の入学式が8日午後、同校体育館であった。新たな期待と夢を抱き62人が高校生活をスタートさせた。新入生はそれぞれ自分たちで選んだ学校の生徒として、教師や来賓らの言葉に耳を傾け、自覚を深めながらこれからの3…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • モンスターマシン集う
    スーパーカーミーティング

     ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェなど、憧れのスーパーカーが新宮に集結−。「スーパーカーミーティングin新宮」(同実行委員会主催)が7日、新宮港であった。大勢の人が訪れにぎわった。  関西、東海など各地からオーナー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 森林環境保全を図る
    100本の広葉樹植える
    新宮コープきょうどうの森設置

     「新宮コープきょうどうの森植樹祭」(わかやま市民生活協同組合主催)が6日、新宮市高森(通称)の檜山地内に設置された「新宮コープきょうどうの森」であった。同植樹祭は和歌山県が進める「企業の森」事業の一環として行われ、同組…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 偉業と功績 後世に伝承
    本宮で合気道国際奉納演武

     田辺市本宮町で6・7日、「合気道国際奉納演武」が行われた。同市出身の合気道創始者・植芝盛平翁にゆかり深い熊野本宮大社、熊野本宮合氣塾、植芝盛平翁顕彰会が主催。盛平翁没後50周年記念・平成31年度の顕彰事業として盛平翁の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • くまのっ子学童クラブ
    有馬事業所移転で式典
    小学校内 環境の良さに歓声

     NPO法人あそぼらいつ(黒瀧一輝理事長)は5日、熊野市立有馬小学校内で、くまのっ子学童クラブ有馬事業所の移転オープニングセレモニーを開いた。約60人が祝福に訪れ、祝いの言葉を述べ、記念品の授与や児童たちが歌を歌い、内覧…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 春らんまん
    花見でにぎわう
    新宮市、紀宝町のサロン

     気象庁が和歌山県南部の桜の満開を予想した6日、本紙エリア各地のサロンでも花見でにぎわった。  新宮市阿須賀の大平サロンでは、利用者21人が阿須賀神社で花見をしながら輪投げやラジオ体操を行い、おしゃべりを楽しんだ。同サ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大水害に耐えた「一本桜」
    熊野川町相須で満開

     紀伊半島大水害で被災した新宮市熊野川町相須で、濁流にも耐えた「一本桜」のソメイヨシノが熊野川の川原で満開となり、見ごろを迎えた。平岩明さん(81)が約50年前に植樹した2本のうちの1本で、大水害の記憶をつないでいる。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新団員10人が決意新た
    新宮市消防団の任命式

     新宮市消防団の任命式が4日、新宮市消防本部であった。異動の17人と新入団員10人に対して、辞令を交付。市民の安心安全の構築に向けた、消防活動への決意を新たにしていた。  新宮市では各月1日付で異動、新入団の任命を行っ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 半世紀に1度の開花
    紀宝町で咲き誇る

     紀宝町神内の農家民宿はなあそびの庭先に50年に1度しか咲かない花といわれる「リュウゼツラン」が開花した。また、同町鵜殿の植野のぶ子さん宅(主婦の店裏)の庭にもクロホウシが花を咲かせており、それぞれ見ごろとなっている。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

社説

新聞広告ガイド

名刺印刷承り中

ページ上部へ戻る